大岡歯科医院ホームページへ »

神経まで進行してしまった虫歯の治療

BLOG

歯の溝が黒く見えます、虫歯の怖さは硬いエナメル質の中で大きく進行してしまうことにあります。

レントゲン写真です

実際に削り、虫歯の染出し液でチェックしてゆきます。

あまりの深さにピンスポットで神経が露出してしまいました。

残念ながらこの場合そのまま虫歯の後を詰めると痛みが出ますので、標準治療としては神経を取る治療となります。

しかしながら当院では患者さまの了解を得て、MTA セメントという材料を使用してその部分を保護することがあります。

MTA セメントは神経との相性が良いです。

MTA セメントで保護した上から、硬いグラスアイオノマーセメントという薬剤で蓋をして

半年~1年程様子を見ます。

当院での成功率は96%です。

 

 

LINEで
送る
「スマイル&コミュニケーション」
“人の温かさ”を感じられる
医院を目指して。
あなたという人間に寄り添い、
健康な生活を支えていきたい。
南浦和の優しい歯科医院 大岡歯科医院 048-887-5077 診療時間: 09:30 ~ 19:00