大岡歯科医院ホームページへ »

初期の虫歯の管理

BLOG

この写真は2歳ころ夜間就寝時の哺乳ビンの使用から、初期う蝕となりましたが、

5歳まで削ること無しに進行を止めた症例です。

寝てるときは唾液が少なくなるので自浄作用が減少して虫歯になりやすいんです

とはいうものの哺乳ビンが絶対ダメということではなく、哺乳ビンの糖質の濃度を減らしていくとか、

昼間でも機嫌がよいときにしっかりと仕上げ磨きをする、定期的にフッ素塗布をする というふうに、リスクを減らすよう気を付けていきます

1歳半過ぎて哺乳ビンしていて、心配な場合は早めに歯科の受診をして下さい。

LINEで
送る
「スマイル&コミュニケーション」
“人の温かさ”を感じられる
医院を目指して。
あなたという人間に寄り添い、
健康な生活を支えていきたい。
南浦和の優しい歯科医院 大岡歯科医院 048-887-5077 診療時間: 09:30 ~ 19:00